« イラク情勢に思う 05/0830 | トップページ | 衆議院総選挙に思う 05/09/12 »

2005年9月 7日 (水)

地球温暖化対策に思う 05/09/07

 米国が批准拒否し発効が危ぶまれていた「京都議定書」が、ロシアの批准によって漸く発効行することが出来ました。
私は、どうもこの「地球温暖化対策」について考えるとき、いつも何かが胸に支えたような気持ちの悪さを感じてしまうのです。
今回は、この「地球温暖化対策」について考えて見ようと思います。

まず、温暖化対策が必要だと言われる根拠ですが、

 1.産業革命以後、地球の平均気温が上昇している事実がある。
 2.近年の地球温暖化は通常自然界では起こりえない急激な上昇である。
 3.大気中のCO2濃度の上昇に伴って地球は温暖化している。
 4.CO2濃度の上昇は人類が大量の化石燃料を燃焼してきた結果である
 5.よって地球温暖化は人為的な現象で、人類が排出するCO2を削減することによって進行を食い止めることが出来る。

概ね上記のような流れであったかと思います。

上の論で私が引っ掛かるのは以下の点です。
1.ここ200年間の地球平均気温の上昇率は、本当に不自然なものなのか。
2.本当にCO2濃度の上昇が温暖化を引き起こしているのか。
3.気温の上昇は本当に人為的なCO2排出の結果なのか。

ネット上でいろいろ調べて見ましたが、上記の疑問にほぼ完全に答えてくれるサイトを見つけました。
近藤邦明氏の『環境問題』を考えると言うサイトです。
http://env01.cool.ne.jp/index02.htm

このサイトの中の 4)二酸化炭素地球温暖化脅威説批判 に疑問に対する回答がほぼ全て網羅されていますので、是非そちらを精読していただきたいと思います。
一応上記サイトの論文をもとにした1~3までの疑問に関する回答を簡単にまとめておきます。

1.日本の歴史上でも過去に何度も「気温上昇率 0.4~0.6℃/100年」程度の気温変化は起こっており、100年間で3~4℃の変化さえ稀な出来事ではありませんでした。従って過去200年間の上昇率は決して不自然なものとは言えません。

2.過去30年間の気温と大気中のCO2濃度の変化を詳しく調べた結果、気温の変化の後にCO2濃度が変化しております。
従って、CO2濃度の上昇によって気温が上昇していると言うのは誤りと言えます。

3.上記1~2より、近年の平均気温の上昇は人為的な温暖化ガスの排出の結果ではありません。
と言うことになります。

 また、温室効果ガスの中でCO2が最も効果が大きいわけでもありません。最大の温室効果を持っているのは水蒸気であり、実に地球大気の全温室効果の70%~90%以上にも達しております。
つまり地球大気の温室効果は大気中の水蒸気濃度によって大きく変動しているのです。因みにCO2の温室効果の割合は2~3%に過ぎず、人為的なCO2排出量となると更に少なくなります。
この僅かな影響力しか持たない人為的なCO2を減らしても、地球環境を劇的に変化させることなど出来ようはずが無りません。

 では、近年の平均気温の上昇は一体どう考えたら良いのでしょうか。これについては現在が気象学的にどのような位置に置かれているのかを考えて見る必要があります。
 ご存知のように過去地球上では、少なくとも4回の大きな氷河期がありました。通常氷河期は数千万年から数億年続きます。
氷河期の間は一様に地球全体が氷に閉ざされる寒冷な気候が続くわけではありません。寒冷な「氷期」と比較的温暖な「間氷期」をおよそ4万年から10万年の周期(過去100万年の間では)で繰り返して来たと考えられております。
そして現在は1万年~1万2千年前から続いている「間氷期」の初期にあたると言われております。
つまり、万年単位の大きな時の流れの中で眺めて見るならば、現在の地球は「冷え切った氷期から抜け出て、温まりつつある状態」と考えるのが自然ではないでしょうか。従って過去200年間、地球平均気温が上昇し続けているのも極自然な事と考えられます。もっとも、西暦以降の日本の歴史を眺めても500~700年という比較的短い周期で温暖な気候と寒冷な気候を繰り返していることから、今後も地球平均気温が上昇し続けると断言することも出来ませんが。逆に言えば、いつ寒冷化に転じてもおかしくないとも言えます。

 以上から現在の地球温暖化は人為的なものでは無いと結論付けて良いかと思います。だからと言って無制限に資源エネルギーを燃やし続けて良いということにはなりません。資源エネルギーは限りある物である点、燃焼によって排出される化学物質にはダイオキシンを初めとする有害物質が多く含まれている点、など地球環境の破壊を伴う行為であることには違いないのです。
 私達はよりクリーンで効率的な代替エネルギーを開発することは勿論、地球環境を傷付けずに生き抜く知恵が今まで以上に求められる時代に居ると言えるのではないでしょうか。

|

« イラク情勢に思う 05/0830 | トップページ | 衆議院総選挙に思う 05/09/12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122883/5823228

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化対策に思う 05/09/07:

« イラク情勢に思う 05/0830 | トップページ | 衆議院総選挙に思う 05/09/12 »