« 民主党代表選に思う 05/09/18 | トップページ | 楽天の監督解任に思う 05/10/01 »

2005年9月24日 (土)

地球温暖化報道に思う 05/09/24

 「カトリーナ」に続きアメリカ南東部に大型サイクロン「リタ」が上陸する可能性が高まってきた。
現在アメリカ周辺には5つの大型低気圧がが発生しており、東アジアの2つを合わせると、太平洋とメキシコ湾周辺で7つのサイクロン、タイフーンが発生していることになる。
 昨晩10時の某民放TVの報道番組では、キャスターが大型低気圧の多発は地球温暖化の影響が考えられ、京都議定書を批准せずに温暖化の原因となる大量の二酸化炭素を大量に排出し続けるアメリカを批判する内容のコメントを述べていたが、このことに私は非常に疑問を感じた。
確かに、地球温暖化の影響で台風など熱帯で発生する低気圧は大型化する傾向にあるが、9月7日の記事で述べたように人間が排出する二酸化炭素と温暖化には全く因果関係が無いとするデータが存在することは少し調べればすぐ分かることである。アカデミズムの世界でも「地球温暖化CO2原因説」は現在賛否両論並立の状態であるのが実情で、中立な立場を旨とする報道の場でどうしてこうも一方的で無責任な発言をするのだろうか。
 さらに呆れたのは、北朝鮮の現状を伝える別のコーナーで、マインドコントロールの恐ろしさをひとしきり述べた後で「日本でも知らず知らずのうちにマインドコントロールを受けているのかもしれないので気をつけましょう」と言った趣旨のコメントをしていたことだ。
波多陽区ではないが「視聴者をマインドコントロールしているのは貴方ですから」と思わず突っ込みを入れたくなる状況だ。
尤も数日前、他局の朝の報道番組でもメインキャスターが同様の発言をしており、新聞でも温暖化の原因イコール人類の排出したCo2とする記事が散見されるところから、これは日本のマスコミ全体の問題なのかもしれない。
 何故にマスコミは政府や一部の学者の学説に過ぎない「地球温暖化CO2原因説」を鵜呑みにして垂れ流すのだろうか。
私には、この件についてのマスコミの報道には極端な偏りが感じられてならない。

 9月7日の記事では、科学的な側面から「地球温暖化CO2原因説」は間違いではないかと指摘したが、では何故に政府やマスコミや国際社会まで音頭をとって「地球温暖化CO2原因説」に踊らされているのだろうか。
 まず研究者の立場から考えると、現在、国立大学を民営化しようなどという動きがあるように、今後公立私立にかかわらず研究内容については、よりシビアに吟味され淘汰される時代がやってくることが予想される。研究者は研究対象を社会からより注目されている事柄から選ぶのほうが有利であると言うことができるだろう。注目度の低い研究テーマでは研究対象を失うばかりか、研究者としての立場すら危うくなる可能性がある。その点政府も注目しているテーマであれば、研究費捻出の点でも有利であるし、研究者としての身分の保障も期待できる。当然マスコミなど発言の機会を大いに利用し、研究対象の重要性を強調もすることだろう。
 また、産業界の立場から考えても「温暖化対策を積極的に進めている企業です」とアピールすれば消費者に対するイメージアップにも繋がるし「温暖化対策機器」だの「温暖化対策システム」など新たなマーケットの開拓も期待でき、産学の利害が一致する。
両者が危機感を煽って政府に働きかけた結果出来上がったのが現在の偏った状況であり「京都議定書」なのではないだろうか。
 アメリカはそのからくりを悟ったため、無駄金と無駄な労力を注ぎ込む結果になる「京都議定書」の批准を見送る決断をしたのではないだろうか。

 では「温暖化対策は」必要ないのか、と言うとそんなことはないと思う。
人為的でないにしろ近年地球温暖化が進んでいるのは事実であり、そのための対策を考えねばならないのも事実である。
要は「温暖化対策」にならないCO2削減策を推進するのではなく、温暖化の結果地球環境がどのように変化し、どのようなメリット、デメリットが考えられ、どのような対策を取るべきかを打ち出して行くのが真の意味での「地球温暖化対策」なのではないだろうか。

 いずれにしても21世紀に生きる我々が、天動説を信じていた中世の人たちを(このことについては)無知蒙昧と評価するように、我々の子孫達に「人間の力で温暖化が始まり、人間の力で温暖化を押し留められる考えた無知蒙昧な人たち」と評価されるのだけは避けたいものである。

|

« 民主党代表選に思う 05/09/18 | トップページ | 楽天の監督解任に思う 05/10/01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122883/6092911

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化報道に思う 05/09/24:

» 温暖化が嵐を呼ぶのか [TIME ガイダンス-choibiki's BLOG-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し]
Global Warming: The Culprit? 温暖化問題と言えば、京都議定書(Kyoto Protocol)。その条約が発効になった(come into force)のは、今年の2月。ロシアの批准(ratification by Russia)を受けてのことでした。しかし、世界ダントツの二酸化炭素排出国アメリカが参加していないばかりか、たとえば条約批准国の日本でさえ、議定書で約束した水準には遠く及ばない状況です。また、発展途上国の参加も中途半端なものとあり、“条約は発効せど、効... [続きを読む]

受信: 2005年10月 8日 (土) 12時55分

« 民主党代表選に思う 05/09/18 | トップページ | 楽天の監督解任に思う 05/10/01 »