« 地球温暖化対策に思う 05/09/07 | トップページ | 最近の政界の動向に思う 05/09/17 »

2005年9月12日 (月)

衆議院総選挙に思う 05/09/12

 衆議院総選挙、蓋を開けて見れば自民党の圧倒的勝利でしたね。
単独過半数を遥かに超え、これは少々勝ちすぎのきらいがあります。
これほどの大勝利はさすがの自民党自体も想定外であったようで、その証拠が東京都の比例区。
自民党の当選者31名でしたが、名簿上に30名しか載せていなかったため1議席社民党に流れて行きました。
自民党執行部としては30名で十分だと考えていたのでしょうね。
 私は東京都民ではありませんが、有権者の意思を反映しない結果になってしまうことにはどうもしっくりこないものがあります。

 それにしても、今回の選挙は選挙プロデューサー小泉純一郎の面目躍如と言った選挙でしたね。
なんだかんだと批判を浴びながらも、常に先手先手と仕掛け、見事に最後まで国民の目を引きつけておりました。
何度も繰り返される簡潔なスローガン、国民の感情と好奇心に訴える戦術、国民の目には与党こそが改革推進派で、本来改革を訴える立場であるはずの野党がいつの間にか旧弊の擁護者のように映って行きました。
お見事と言うしかありません。
でもこの手法70年以上前、アドルフ・ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の選挙手法に酷似しているんですよね。

 1.宣伝は大衆的であるべきで、その水準は伝えたい者の中で 最低の水準に合わせるべきである。

 2.宣伝は学術的な余計なものが少ないほど、感情に訴えれば訴えるほど良い。

 3.宣伝は重点を極端に制限して、これをスローガンのように対象者の最後の一人が理解するまで継続して流す。

上記はヒトラー著「我が闘争」の中の宣伝について述べている部分からピックアップしたものです。

選挙目的について。
「これは郵政民営化、賛成か反対かを問う国民投票なのです」
きわめて簡潔ですね。

所謂刺客候補擁立について。
「郵政民営化反対の人しか立候補しない選挙区では有権者の選択の機会を奪うことになります。だから賛成の人も立候補させるのです」分かりやすいですね。

「郵政民営化すら出来なくて、一体どんな行財政改革が出来ると言うのでしょうか」感情に訴えますね。

「郵政民営化はこの国に必要なのです」
これは総理大臣に就任する遥か以前から耳にタコガ出来るほど繰り返されて来たスローガンです。

うーん、小泉首相「我が闘争」読んだんでしょうか、それとも宣伝相ゲッベルスでも憑いているんでしょうか。

翻って今回の選挙での野党の選挙戦術は…… 合掌

因みにヒトラー率いる「国家社会主義ドイツ労働者党」は巧みな選挙戦術と他政党の無策によって、1932年の(まっとうな)選挙で第一党の座を手中にしており、更に翌年の選挙で43.9%の得票率を得ております。

選挙手法は真似ても、政策は真似しないでね、小泉さん。

|

« 地球温暖化対策に思う 05/09/07 | トップページ | 最近の政界の動向に思う 05/09/17 »

コメント

まあ、初期のヒトラーは政治家としては極めて優秀だったというのは、ドイツ国民のみならずアメリカでさえ認めるところですから。
亀井静香に「ヒトラー」と呼ばれた小泉総理。今回の選挙戦術は、実に巧みでした。ちなみに小泉首相は欧州の政治家ではチャーチルが好きだとか。

この大勝に奢ることなく、郵政以外の重要案件にもしっかり対処して欲しいと思う次第です。

投稿: 紫電 | 2005年9月12日 (月) 21時11分

紫電様コメント有難う御座います。
 そうですか小泉首相、チャーチルが好きでしたか。
チャーチルと言えば、2003年「最も偉大な英国人」のBBCの投票で1位に選ばれており、現代の英国人にとっても最も人気の高い政治家だそうです。
 小泉首相も日本国民に「最も人気の高い政治家」に選ばれたいのかもしれませんね。
また、チャーチルと言う人は、ボーア戦争で敵の捕虜になり脱走して英雄扱いされたり、軍需大臣に就任するもその後失脚したり、総選挙で敗れた後も77歳で首相に返り咲いたり、まあ実に波乱に富んだ人生を送った方だったようですね。
 演説の名手だったり、ピンチをチャンスに変えたりする強運も、政治家としてはあやかりたいのかもしれません。
小泉首相も「郵政民営化法案否決」から始まった今回の選挙みごとピンチをチャンスに変えました。
 いずれにしても国民の期待を裏切らない政治をお願いしたいものすね。

投稿: Aturam | 2005年9月13日 (火) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122883/5907726

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院総選挙に思う 05/09/12:

« 地球温暖化対策に思う 05/09/07 | トップページ | 最近の政界の動向に思う 05/09/17 »