« 法的根拠が無い議員年金制度に思う 05/10/22 | トップページ | 米副大統領補佐官起訴に思う 05/11/06 »

2005年10月25日 (火)

プリオン専門調査会答申原案に思う 05/10/25

 昨日、内閣府食品安全委員会のプリオン専門調査会は、生後20ヶ月以下の米国、カナダ産牛肉の輸入再開を容認する答申原案を提示し、来月末の会合で答申案を取りまとめる運びとなった。

 答申案が提示されることにより、年内の輸入再開に向け大きく動き出すようだ。
 輸入再開は危険部位の除去などのBSE対策が、米国できちんと実施されていることが大前提としているが、これが実に心もとない状況だ。
 12日の記事にも記したが、04年1月~05年5月までの17ヶ月の間に1036件の危険部位除去手続きの違反があったことを米農務省が発表している。発覚しただけで1000件を超える違反、罰則規定も無い状態で是正措置の継続的な監視も行われているのかも不明だ。
 調査会は、人へのBSE感染リスクを科学的に評価するのが目的であるため、安全対策の確認などは政府に委ねられている。
それだけに政府が今後どのような対応を取るか責任は重い。
 また、答申に時間がかかりすぎている等の批評があるが、食の安全に対する調査会の慎重な姿勢は今後も貫いてほしいと思う。

    ****************

 さて、今日の読売新聞の社説で、この米国産牛肉の輸入再開について取り上げていたが、正直酷い内容だと感じた。

 輸入再開までに、あまりに時間がかかり過ぎているのではないか。
この間に日米関係は、米軍基地の移転問題などに牛肉問題も加わり、良好な関係が失われつつある、との見方もあるほどだ。

つまり、国民の健康よりも日米関係を重視せよと言うことだろうか。

 米国側が約束を守るかどうかは農水省などが厳しく点検すべきことだ。

実際問題どうやれると言うのだろう?
農水省が米国に乗り込んで検査現場で厳しく目を光らせるのだろうか、それとも輸入された牛肉を厳しく全頭検査するのだろうか。

 専門家の議論も大切だが、重要な政策課題には政治の出番が必要だ。「政治が前面に出て対応すれば、これほどの時間はかからなかった」との指摘を、重く受け止めるべきだ。

 これは、本末転倒ではないか。
国民の健康や食の安全に関する調査は、政治や利益団体の思惑を超えて純粋に科学的に行われるべきものだ。正しい調査結果が出るまで、内外の圧力の防波堤になるのが政治の役割ではないか。
「政治が前面に出て対応すれば、これほどの時間はかからなかった」との指摘も誤りだ。
「政治的要素に苦慮せずに、純粋に科学的側面からだけで調査出来れば、これほどの時間はかからなかった」と言うのが事実に近いのではないだろうか。
 また全頭検査の実施についても否定的に扱っているが、この問題も「食の安全を確保するため」に始められたはずのものが、「牛肉に対する国民の不安を取り除くために」政治が前面に出て対応した結果制度化されたらしいことが分かってきている。
 結局、政治が前面に出て対応したためにどの制度が本当の意味での食の安全を確保するためので、どの制度が政治的配慮に基くものなのか訳の分からない状況となってしまった。
 正直、これ以上科学的であるべき調査結果に政治が口を挟んで掻き回さないでほしいというのが実感だ。

 政府は答申結果を踏まえて、何より国民の健康を第一に行動してほしいと願うばかりである。

|

« 法的根拠が無い議員年金制度に思う 05/10/22 | トップページ | 米副大統領補佐官起訴に思う 05/11/06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122883/6559834

この記事へのトラックバック一覧です: プリオン専門調査会答申原案に思う 05/10/25:

» BSE:国会で食安委の”科学根拠”に疑問続々 でも報道されず [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
■BSE:国会で食安委の”科学根拠”に疑問続々 でも報道されず 米国牛輸入再開が決定したようなムード報道の中、国会衆議院で、BSE問題に関して、食品安全委員会と農水・厚労省に対しての質疑が行われました。 かなり熱い質疑でしたし、議員から多数の「科学的評価に入れるべき重要情報」が指摘されましたが、それらが殆ど報道されなかったのは11月にブッシュさんが来日するから? それとも販促広告費のせい? ということで、い�... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 12時12分

» 読売新聞社員は、米国牛をおいしくいただく!?(社説を聞いて…) [怒~IKARI~]
私は、毎日通勤中にポッドキャストを聞いています。いろいろな番組を機嫌良く聞いてい [続きを読む]

受信: 2005年11月 6日 (日) 16時12分

« 法的根拠が無い議員年金制度に思う 05/10/22 | トップページ | 米副大統領補佐官起訴に思う 05/11/06 »