« 構造計算書偽造事件に思 05/11/20 | トップページ | 地球温暖化対策に思う(2) 05/11/08 »

2005年11月27日 (日)

首相靖国神社参拝と改憲に思う 05/11/27

 小泉首相の靖国神社参拝で中国や韓国との外交が滞っている事について、日本国内のマスコミ等は「なぜ小泉首相は頑に靖国神社参拝にこだわり、中韓の神経を逆撫でし続けるのか疑問だ」的な論調の記事が見られ、少なからぬブログでも同様の疑問を記事にしている。

 しかしこの件については、現在の政府と自民党の状況を整理すれば自ずと見えてくるものがあると思う。
 第一に、小泉首相が総裁を勤める「自由民主党」はそもそも「改憲」を目的に結党された政党であり、今年が結党50周年の節目の年であること。
 第二に、前回の衆議院選挙で自民党が大勝し、与党が3分の2の議席を確保したこと。
 以上の事から、結党以来の悲願であった「改憲」が机上の空論ではなく現実味を帯びてきており、実際に「改憲」に向けた動きが出始めている。当然小泉首相も今が「改憲」のためには千載一遇のチャンスであると認識していることだろう。

 「改憲」のためには、衆参両院で3分の2の賛成を得た上で国民投票で過半数の賛成を得なければならない。
現在与党は衆議院では3分の2の議席は得ているものの、参議院では達してはいない。ところが先の衆院選後の郵政民営化法案可決までの流れのなかで、あれだけ強行に反対し続けていた人たちの多くが、手の平を返したように賛成に転じたことが注目される。宗旨替えの理由はただ一言「民意ですから
 無節操だとか、日和見だとかの批判はひとまず置くとして、この現象を眺めるに「改憲」を進めるに際して与党の両院での議席数もさることながら「最も重要な要素は民意である」と言えよう。小泉首相を始めとして自民党の執行部も同様の認識を持っていることと思う。
 さて、ここで問題となるのは「改憲」のための民意をどのようにして醸成して行くか、と言うことになる。
特に、憲法改正の肝になる「9条をどうするのか」と言う点だ。この点から日本の状況を眺めた時、周囲の国がみな友好的で全く脅威が感じられなかったなら国民の多くは「9条?別に変える必要無いんじゃない」
「今まで問題なかったんだから、無理して変えなくても……」
「今の平和憲法素敵です!」となり、とても改憲できる雰囲気にはならないでだろう。
 少し前なら領空内に迷い込んだ(?)民間旅客機を平気で叩き落し、時折バジャーやらベアやら偵察機を日本領空に飛ばしてくれていたソ連という大物が控えていたが今は無く、北朝鮮の脅威と言ってもブラフやハッタリばかりで本当に日本を攻撃できる核ミサイルを持っているのかもよく分からない。また国力の点でも強い国と言うよりは、悲惨な国というイメージの方が勝っている。
 そこで敵役として浮上してくるのが、熱狂(狂信?)的な愛国教育の国、反日暴動をしでかし日本の大使館にも攻撃の手を加えてくれる「中国」と言うことなのです。
 小泉首相の一連の対中行動や言動を眺めて見れば、一見日中友好は重要だ、進めるべきだと言いながら、要所要所では彼の国の神経を上手い具合に逆撫でしていることが分かるでしょう。
 その結果(だけではないが)、東シナ海ではガス田が開発され、日本の領海間際にまで中国の軍艦が遊弋し、石垣島には潜水艦が領海侵犯してくれる事態になっております。
 少し前まで国民の間で非常に高かった中国に対する親近感、友好感は見事なまでに不信感、嫌悪感に逆転しております。
小泉首相=自民党としては中国を仮想敵国まで行かなくても、それに近いところまで民意を引っ張って行き「だから憲法9条は変えるべきだ」に結び付けたい考えなのでしょう。

 つまり、現在の冷めた日中の外交関係は改憲に向けた民意醸成のための布石と言うことができ、今のところ中国は首相の思惑通りに踊ってくれていると言えるでしょう。

 このことを踏まえたうえで、国民は憲法9条問題を含めた「改憲」に対し、どのような判断を下すべきだろうか?

|

« 構造計算書偽造事件に思 05/11/20 | トップページ | 地球温暖化対策に思う(2) 05/11/08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122883/7345693

この記事へのトラックバック一覧です: 首相靖国神社参拝と改憲に思う 05/11/27:

» 憲法改正問題に揺れるアジアの論調とは [Spotlight 英語で歩く、噂の現場-choibiki's BLOG-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し]
自民党の憲法改正案がまとまりました。結党50年で、いよいよ、結党理念の具体的な行動に着手できることになります。異論があるのも承知の上で申し上げると、憲法改正そのものは、反対も賛成もない行為です。だから、ここでは護憲という言葉は使わないでおきます。ただし、いわゆる護憲派の方々の論点が、反戦・平和にあることは間違いなく、この点が、自民党案によってどう担保されるのかは、誰しも気になるところではないでしょうか。ぜひ、じっくり読んでみましょうね。今回は、この憲法改正が世界でどう報道さ...... [続きを読む]

受信: 2005年12月 5日 (月) 05時29分

« 構造計算書偽造事件に思 05/11/20 | トップページ | 地球温暖化対策に思う(2) 05/11/08 »